FC2ブログ

Bernhard Romberg(調査中)

ロンベルク。
子供が小協奏曲を練習しているので、このついでに調べている。
ベートーヴェンと同時代のチェリストで作曲家。
1790年に3歳下のベートーヴェンに出会い、敬愛され、コンチェルトを書かせてほしいといわしめるが、ベートーヴェンの音楽的アイディアを理解しきれず、断ってしまったという。
ベートーヴェンのチェロ協奏曲が生まれていたかもしれないのに残念、と一瞬思うが、1790年頃ならまだベートーヴェンは若い。初期のベートーヴェンのチェロ協奏曲なら、別にいいかなとも思う(笑)。
ヴァイオリン協奏曲やチェロソナタ第3番が書かれた中期のチェロ協奏曲なら、絶対欲しい。
ヴァイオリン協奏曲の第3楽章みたいなのを弾いてみたい。とつぶやいていたら、チェロで弾いたらいいがな、と友人に言われる。

Wikipediaによるロンベルク概説
スポンサーサイト



2011-01-07 : チェロの曲 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

すごい貢献者
うちの娘もチェロアンサンブルでRombergのソナタを弾いているので私も調べました。びっくり仰天ですよね!ベートーベンのチェロコンチェルトが存在しないのは彼のせいだったとは!!音楽史上トップ10に入るほどの過ちですね!

でも、分数サイズのチェロの必要性を初めて訴えたのもRombergさん、チェロの楽譜をト音記号とヘ音記号とtenor clef(って日本語では何ていうのでしょう?)の3つに制限することに統一してくれた(それ以前、ボッケリーニなどは6種類もの記号を併用していたこともあったとか!)のもRombergさん……って、彼はすごい貢献者ですね!tenor clefを覚えるだけでも大変だった私は、Ronbergさんに頭が上がりません!

それにしてもベートーベンのチェロコンチェルト、想像すればするほど惜しいです。
2011-02-09 15:51 : piyoko URL : 編集
No title
piyokoさん
またまたコメントありがとうございます。時々しか更新しないのにみてくださって、感謝しています。こうやってお話できるのがとてもうれしいです。
Rombergについて調べられましたか!びっくりしましたよね。Rombergって貢献者のわりに、つまらない練習用の曲をたくさん書いた人と思われがちなんですが、チェロ名曲も隠れていそうですね。コンチェルティーノを聴いていて思います。
2011-02-11 01:00 : kiyoria URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

kiyoria

Author:kiyoria
音楽についての覚え書き。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード